水に落としてしまったスマホの応急処置

スマホを水没させてしまった時のNG行動

水没したスマホを振ったり、電源を入れない

スマホが水没してしまった直後のNG行動をまとめます。
一つ目は、水没したスマホ内部に入った水を取り出そうと、本体を振るという行動です。
これを行うと、水分がスマホ全体に行き渡ってしまい、まだ水濡れしていない箇所にも水が入り込んでしまいます。
こうなってしまうと、水分を抜くのに余計な時間がかかってしまいます。
また、濡れたまま電池パックを勢いよく外すのも駄目です。
これも内部に身阿須が入らないように、そっと外しましょう。
二つ目は、スマホの電源を入れないことです。
水没直後はスマホが無事かどうか、電源をつけて確かめようと、スマホの電源を入れてしまいたくなります。
しかし、それをしてしまうと回路がショートして壊れてしまいます。
絶対にしないようにしましょう。
また、水没したスマホの電源が入ったままなら、電源を切りましょう。

復活時にしてはいけない行動

水没したスマホをなんとか復活させようとする際のNG行動をまとめます。
一つ目は、スマホを充電することです。
水没したスマホの電源が入らず、充電してみた。
という人もいるかもしれません。しかし、この行動もスマホの故障を促してしまいます。
スマホを充電しようとすると、スマホの内部に電気が通り、回路がショートしてしまいます。
なんとかスマホを復活させようと色々試してしまいたくなりますが、故障させないよう、充電をすることは避けましょう。
二つ目は、熱風のドライヤーを使用することです。
髪を乾かす時と同じ要領で、熱風にしたドライヤーを使用してしまうと、精密機械であるスマホは熱に弱いので、完全に乾かせたとしても内部の基盤が故障してしまいます。
ドライヤーを使用する時は冷風にしましょう。
また電子レンジで乾燥するのは駄目です。内部が焦げ、壊れてしまいます。


この記事をシェアする