水に落としてしまったスマホの応急処置

水没したスマホを自力で直す方法

身近な物でスマホを復活!

水没してしまったのが、早朝や深夜であったり、海外旅行中であったりすると、すぐに修理店に出すのは不可能な状況の時、身近にある物を使って自力でスマホを直す事ができるかもしれません。
まず一つ目は、ドライヤーです。
タオルなどでスマホの水分を吸水した後は、ドライヤーの風を冷風にして、スマホにまんべんなく当て、完全に乾かす事ができます。
二つ目は、乾燥剤と一緒に、スマホを袋に密閉して入れておくというものです。乾燥剤の中にあるシリカゲルという物が水分を吸い取ってくれます。
このシリカゲルはお菓子や海苔の缶などに入っているものです。
完全乾燥させるためには、二日間ほど置いておくのが効果的です。シリカゲルが無い場合は、市販の湿気とりや生の米を使うと良いでしょう。

復旧後はデータの復旧、駄目なら修理を頼む

先程のご紹介した水没したスマホの復旧方法は、あくまで応急処置です。
もし復旧したとしても、端末内に水が入り込んでしまってた事実に変わりはありません。
そうなると水没前と比べて回路の腐食は進みやすくなってしまい、いつ壊れるか分かりません。
復旧した端末は早めに、データのバックアップを取りましょう。
それにはキャリアのショップが便利です。可能なら新しい物に変えた方が安心です。
色々と試してみた結果、復旧が難しいと判断できた場合は、諦めて修理に出した方が良いです。
素人が下手に手を出すと余計に状態が悪くなる可能性があるので、あれこれ弄りすぎるのは止めましょう。
携帯電話会社によっては水没したスマホを安価な料金で機種変更を行ってくれるサービスを行っているところもあります。
是非、チェックしてみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする