水に落としてしまったスマホの応急処置

スマホを水没させると起こりうる事

水没直後に行うこと

スマホを水没させてしまった場合はまず最初にスマホの電源を切りましょう。また電源が切れている際は、電源を入れずにしておきましょう。
その後は、一刻も早く水の中から救出し、ショート防止のために電池パックやSIMカード、SDカードなどを取り外しましょう。
もし落とした場所が汚水で、泥汚れや不純物などが付着していた場合、真水を含ませたタオルなどで拭きましょう。
水没の故障原因は水に含まれるミネラル成分や不純物ですので、真水を使用するのが良いでしょう。
スマホの外側の水分を拭き取れる場所を全て拭き取り終わったら、次に開けられるフタやカバーを全て開けて水分を拭き取りましょう。
細かい部分は綿棒を使用すると良いでしょう。

応急処置後のチェック

水分をしっかりとタオルで吸水させたら、水没反応が出ているのか確認しましょう。一般敵にスマホのSIMコードや電池パックといったものの中に紙切れが入れられています。
この紙は元々白色ですが、水濡れすると赤く変色します。
その変色反応は水没反応と呼ばれています。
このような水没マークがある場所は機種によって異なります。
自分が使用するスマホの機種を確認し、水没マークの位置を知りましょう。
スマホが水没すると、スピーカーの音がおかしくなる時があります。
考えられる要因の一つで、スピーカーにゴミが詰まっている場合は、掃除をすると直る可能性があります。
一度水没しているので、まだ水が残っているかもしれません。
もう一つの要因として、水没によるスピーカーの故障があります。
この場合はショップに持って行き、相談するしかできません。


この記事をシェアする